多士済々の新型コロナワクチン、新タイプ登場で開発加速

コラム(テクノロジー)
2020/9/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染症の勢いが続くなか、発症や重症化を防ぐワクチンの開発に期待が高まっている。開発中の候補は全世界で約190種類にのぼる。ウイルスを弱めた従来タイプのほか、ウイルスの遺伝子を使った新しいタイプも登場している。ただ実用化には効果や安全性の確認といったハードルがあり、道のりは平坦ではない。

英アストラゼネカや米ファイザー、仏サノフィなど欧米の製薬企業9社は8日、ワクチンの開発では安…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]