西武鉄道、終電繰り上げ検討 21年春にも20~30分

2020/9/24 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西武鉄道は主要路線を中心に終電時間の繰り上げを検討する

西武鉄道は主要路線を中心に終電時間の繰り上げを検討する

西武鉄道は最終電車の発車時刻を繰り上げる検討に入った。都心から終着駅の到着時刻を20~30分繰り上げる方向で、早ければ2021年春にダイヤを改正する。曜日ごとに終電の時刻を変えることも検討する。在宅勤務の拡大で終電に近づくほど利用者は減っている。終電繰り上げはJR東日本なども実施を表明しており、私鉄にも同様の動きが広がってきた。

主力の西武新宿線や西武池袋線などを対象とする。現在、西武新宿駅(東京・新宿)などから新所沢駅(埼玉県所沢市)などの終着駅の到着時間は午前1時半近くになる。この終着時間を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]