横浜母港のクルーズ船「飛鳥2」、11月に運航再開

神奈川
2020/9/23 17:40
保存
共有
印刷
その他

郵船クルーズ(横浜市)は23日、11月に同市の横浜港を出港する国内クルーズツアーの販売を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大で同港には2月下旬以来クルーズ船が1度も寄港しておらず、およそ8カ月ぶりの利用再開となる見込みだ。乗船客数を約半数に減らすなど、感染防止策を徹底する。

同港が母港の「飛鳥2」で横浜港から静岡県に向かう4日間のツアーなど、11~2021年1月に出発するプランを発売した。感染リスクを低減するため最大4日間とし、利用客には乗船前のPCR検査を義務付けた。新型コロナ専用の検査室を船内に新設し、医療人員も増やした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]