避難か経済か、コロナが突く巨大地震対策の難題
科学記者の目 編集委員 久保田啓介

久保田 啓介
コラム(テクノロジー)
編集委員
2020/9/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大防止と社会経済活動の両立をめぐり難しいかじ取りが続くなか、感染症とは関係なさそうな南海トラフ地震でも同様の問題が懸念されている。1944年の東南海地震と46年の南海地震のように時間差を伴って発生した場合、いつ起きるか分からない次の地震を警戒しながら社会経済活動の継続を迫られるからだ。コロナ禍の教訓は地震対策に生かせるのか。

「新型コロナウイルスは感染状況を見通せず、経…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]