「資金繰り支援継続を」 名商の山本会頭、菅内閣に要望

2020/9/23 18:50
保存
共有
印刷
その他

名古屋商工会議所は23日、企業の資金繰り支援やデジタル化の促進を柱にした菅義偉内閣への要望書を取りまとめた。同日の会見で山本亜土会頭は「サービス業を中心に新型コロナウイルスの影響は依然として大きい。資金繰りは手厚い支援の継続をお願いしたい」と述べた。

中業企業のデジタル化を進めるため、IT(情報技術)スキルを高めたり、オンライン会議を促したりする取り組みへの支援を求めた。東京一極集中の是正や防災目的のインフラ整備も重点項目に挙げた。

税制改正への要望では、生産拠点の国内回帰に伴うサプライチェーンの再構築に関する税制の整備や、創業を促すベンチャー支援税制の拡充などを求めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]