/

新中日ビル、24年春開業へ 住民説明会を開催

中部日本ビルディング(名古屋市)は23日、栄地区の中心部に建設する「(仮称)新中日ビル」の住民説明会を開いた。2019年3月に閉館した中日ビルの跡地に建てる。説明会では開業予定を「24年春」とより具体的に示し、地上33階、地下5階建てにする計画も明らかにした。

19年の計画発表時は開業予定を「24年度」と表現していた。階数は機械・設備フロアを考慮し、当初の「地上31階、地下4階建て」から改めた。約170メートルの高さは変わらない。

新ビルはオフィスやホテル、商業施設、多目的ホールで構成する。24~32階は三菱地所系のホテルが入居する見通し。21年春の着工、23年夏の竣工といった現状の工事日程なども示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン