/

この記事は会員限定です

イラン、トルコがパレスチナ擁護鮮明 米アラブをけん制

[有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光】米国を仲介役とするアラブ首長国連邦(UAE)とバーレーンによる対イスラエル国交正常化をめぐり、非アラブの国であるイランとトルコが、置き去りにされた形のパレスチナ擁護の立場を鮮明にしている。アジアやアフリカのイスラム教徒の支持を集めることで、両国が対立する米国や湾岸アラブ諸国をけん制するねらいだ。

トルコのエルドアン大統領は22日、国連総会でテレビ演説し「パレスチナの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り906文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン