/

この記事は会員限定です

北海道自由ワイン、新蒸留醸造所を建設

[有料会員限定]

ワイン製造の北海道自由ワイン(北海道長沼町)が2021年に新たな蒸留醸造所を開業する。これまで5000平方メートルだった敷地を14万平方メートルに広げ、同社初の醸造用ブドウの栽培に挑戦する。ヤマブドウの栽培・醸造で道内随一を誇る技術を武器に事業を一気に拡大する。

運営する「マオイ自由の丘ワイナリー」のワイン畑を大幅に拡張し、ワイン醸造能力を5倍強にする。これまでは酒税法で事業者として認められる条件...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン