/

エーコープ関東など、店舗の混雑目安をグラフ表示

食品スーパーのエーコープ関東(横浜市)とTポイント・ジャパン(東京・渋谷)は、曜日別に時間帯ごとの各店舗の混雑度の目安をウェブ上で確認できるサービスを始めた。リアルタイムの混雑状況ではなく、レジでのポイントカードの利用状況に基づき、前週の同じ曜日の混雑状況をグラフ化した。

「時間帯別混雑度チェックサービス」は1時間ごとの混雑状況を、エーコープ関東の公式サイト上で表示する。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、買い物客が混雑を避けて来店できるようにする。

Tポイントの担当者は「新型コロナで混雑を避けたい人など向けのサービスとして導入が進んでいる」という。同社と組み、すでにマルエツやウエルシアホールディングスなどもサービスを導入している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン