日立系、変圧器の稼働状況を可視化

2020/9/23 16:51
保存
共有
印刷
その他

日立製作所の送配電網子会社である日立ABBパワーグリッドは23日、変圧器の稼働状況などを「見える化」する製品群の提供を始めたと発表した。適合するセンサーからのデータを収集し、変圧器の稼働状況をリアルタイムで監視する。故障の確率が高くなる前に警告することで、故障による修理費用や関連費用を抑える。

既設・新設の変圧器の稼働状況をリアルタイムで監視可能にする

中核となるデータ監視・診断装置がセンサーから電圧や電流などのデータを収集し、正常に稼働しているかを監視する。収集したデータを分析して余寿命を診断したり、異常を検知した場合は故障前に通知したりする。データ監視・診断装置は他社製の新規や既設の変圧器にも対応する。資産管理サービスと組み合わせることで個別の変圧器だけでなく、複数の変圧器や大規模な変圧器群にも適用できる。(井原敏宏)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]