/

クラボウの抗ウイルス繊維、新型コロナに効果

繊維大手のクラボウは23日、抗ウイルス加工を施した繊維上で新型コロナウイルスが大幅に減ったと発表した。抗ウイルス繊維は衣服やマスクでの採用が広がっているが、新型コロナへの効果が確認されたのは国内初とみられる。

同社は抗ウイルス・抗菌の機能を持つ薬剤成分を繊維に強力に付着させる加工技術「クレンゼ」を持つ。計20種類以上のウイルスや細菌に効果がある。このほど国内の試験機関でのニット生地や織物を使った実験で、繊維上の新型コロナが99%以上減ることを確認した。50回の洗濯を繰り返しても効果は衰えなかった。

クラボウは「クレンゼ」加工を施した生地を白衣やカーテン向けに供給するほか、同生地を使ったマスクやハンカチを販売している。今後はジャケットやコートといった衣料品にも用途を広げる方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン