台風12号、東日本で大雨の恐れ 上陸の可能性は低く

2020/9/23 16:30 (2020/9/24 9:09更新)
保存
共有
印刷
その他

台風12号は日本の南から北上を続け、25日にかけて伊豆諸島から関東の東を北東に進む見込みとなった。台風や、活動が活発化する秋雨前線の影響で大雨の恐れがあり、気象庁は23日、土砂災害に厳重な警戒を呼び掛けた。浸水、河川の増水・氾濫、暴風や高波、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要になる。

台風の進路は当初の予測より東に変わり、東日本に上陸する可能性は低くなった。前線も台風の北上に伴って関東の東を北上するとみられる。

JR東日本によると、24日は東北地方の常磐線など一部路線で運休したり、本数を減らしたりする。関東地方は当初、茨城県や千葉県などの一部路線で計画運休すると発表したが、予定を変更し平常運転する。

24日午後6時までの24時間予想雨量はいずれも多い所で伊豆諸島250ミリ、関東200ミリ、東北180ミリ。東北はその後の24時間も100~200ミリの雨が予想される。

24日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は伊豆諸島、関東25メートル(35メートル)、東北、東海20メートル(30メートル)、25日は東北、北海道20~24メートル(25~35メートル)。24日にかけて予想される波の高さは伊豆諸島、関東7メートル、東北6メートル、東海、近畿5メートル、25日は東北7メートル、関東、北海道6メートル。

気象庁によると、台風12号は24日午前6時現在、千葉県銚子市の南東約270キロの海上を時速約25キロで北東へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心から半径390キロ以内では風速15メートル以上の強風域。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]