/

この記事は会員限定です

20年産の新米仮払金、値下がり相次ぐ 前年比2~7%

在庫多く・需要弱く 小売価格も下落の公算

[有料会員限定]

JAグループが産地に仮払いする2020年産米の「概算金」が全国で出そろった。19年産に比べて下落する主力銘柄が大半で、下げ幅は総じて2~7%となった。価格の高止まりで消費者の購入が鈍ったほか、コロナ禍で飲食店などが使う業務用需要が激減。在庫が増え、需給が緩んだ。卸値や小売価格も6年ぶりに下がる公算大だ。

概算金は農家の資金繰りのために秋に一括で支払うのが通例。各産地の全国農業協同組合連合会(JA全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン