/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、スマートシティ参戦 竹芝発の新構想

[有料会員限定]
日経クロストレンド

棚田状に緑が連なるテラスを備えた「超高層スマートビル」が2020年9月14日、東京・竹芝に開業した。東急不動産と鹿島が共同開発した「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」である。

飲食店やイベントホール、シェアオフィスなどが入るこのビルの9階から上は、ソフトバンクグループソフトバンクの新本社。法人営業部門を皮切りに総勢約1万人が東京・汐留から引っ越しし、20年内に入居を終える計画だ。

全館に次世代通信規格「5G」を張り巡らせ、人工知...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2470文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン