大学国際化に落とし穴 異文化に触れる機会どう確保
コロナが変えるキャンパス(4)

大学
2020/9/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「大学を辞めたい」。1年間の留学を必修とする早稲田大国際教養学部2年の女子学生(20)が涙ぐむ。世界で活躍する人材になるステップとして強い期待をかけていた今秋の欧州留学が、新型コロナウイルスの影響で中止されたからだ。

大学や家族からは「留学を再開する可能性もある」と説得された。しかし、その後に大学が「留学を卒業要件にしない」と決めたことで再開は難しいと感じた。「この学部に来た意味がない」。早大を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]