/

マレーシアのアンワル元副首相「議会過半数の支持確保」

(更新)
23日のアンワル元副首相(右)の会見には、妻のワンアジザ前副首相(左)も同席した=ロイター

【シンガポール=中野貴司】マレーシアのアンワル元副首相は23日記者会見し、「連邦議会下院議員の過半数の支持を確保した」と主張した。首相任命の権限を持つ国王にも近く会い、過半数の確保を訴えると説明した。国王がアンワル氏の主張を支持すれば政権交代の可能性がある。

マレーシア憲法は「国王が下院議員の過半数の信任を得ていると判断した議員を首相に任命する」と定めている。

野党連合を率いるアンワル氏は会見で「過半数を相当超える下院議員の支持を得ている」と主張した。ただ、具体的にどの政党や議員の支持を得ているかなどについては、明言しなかった。

一方、ムヒディン首相は23日のテレビ演説で、アンワル氏を念頭に「政治の安定を意図的に乱そうとしている一部の政治家の行動を拒否すべきだ」と強調。「今必要なのは安定した強い政府だ」と国民に現政権への支持を訴えた。ムヒディン氏は同日、新型コロナウイルスの打撃を受けた企業向けの追加補助金を含む新たな経済刺激策を発表した。

マレーシアでは2月にマハティール前首相が突然、辞任した後、ナジブ元首相らの支持を得たムヒディン元副首相が3月に首相に就任した。ムヒディン氏が首相に就く際も、マハティール氏は自らが過半数の議員の支持を得ていると主張したが、国王はマハティール氏の主張を認めなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン