/

プリペイドカードで不正送金被害332万円 ゆうちょ銀

プリペイドカードでも不正被害があった

ゆうちょ銀行は23日、VISA加盟店で使えるプリペイドカード「mijica(ミヂカ)」について、8月から9月にかけて不正送金被害があったと発表した。不正の実行者は3人で、被害者は計54人、被害額は332万円としている。16日以降、送金機能を停止した。被害額は全額補償するとしている。

ゆうちょ銀はミヂカを2017年1月から提供。ミヂカの会員同士で送金できる機能がある。専用サイトにIDとパスワードでログインして送金する。送金時はこれとは別に、カード裏面に記載のIDも必要という。

ゆうちょ銀によると、実行者は不正に入手した顧客のIDとパスワードで専用サイトにログインした上で、利用通知メールの宛先を変更。自らのミヂカ宛てに不正送金を実行した。

ゆうちょ銀ではNTTドコモが提供するキャッシュレス決済サービス「ドコモ口座」など連携先7社で、計2200万円超の不正引き出し被害も発覚している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン