/

この記事は会員限定です

金融庁総合政策局長「顧客本位の業務運営、定着道半ば」

R&Iファンド情報

[有料会員限定]

金融庁で7月、金融行政の司令塔役や横断的なテーマへの対応を担う総合政策局の局長に中島淳一氏が就任した。前任の企画市場局長時代は、顧客目線に立った金融商品販売などを促す「顧客本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー=FD)の原則」の見直しを指揮するなど、資産運用ビジネス全体の底上げを後押しした。「顧客本位」を定着させるためのこれまでの取り組みを聞いた。

回転売買は減少

──「FD原則」策定から3年以上が経過した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン