/

次期駐日米大使の人事承認 上院外交委員会

【ワシントン=共同】米上院外交委員会は22日、トランプ大統領が次期駐日米大使に指名したケネス・ワインスタイン氏(58)の人事を全会一致で承認した。正式な就任は上院本会議での承認後で、時期は未定。ワインスタイン氏は保守系シンクタンク、ハドソン研究所所長で、ポンペオ国務長官らトランプ政権幹部に近い。安倍晋三前首相らとも良好な関係を持つ。

次期駐日米大使に指名されたワインスタイン氏の人事は米上院外交委で承認された

秋に本格化する在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)交渉など、両国間の重要課題で橋渡し役の重責を担う見通しだ。

8月上旬に実施された上院外交委の公聴会では、中国や北朝鮮を念頭に「日本がより大きな責任を担うよう促す」と証言し、日米同盟における日本の能力向上の必要性を強調。北朝鮮による日本人拉致問題を重視する姿勢も示した。

駐日大使はハガティ前大使が昨年7月に離任後、空席となり、現在はヤング首席公使が臨時代理大使を務めている。トランプ氏は3月にワインスタイン氏を指名すると発表していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン