/

国際送金の英トランスファーワイズ、純利益2.1倍に

【ロンドン=篠崎健太】英国際送金サービスのトランスファーワイズが23日発表した2020年3月期の連結決算は、純利益が前の期比2.1倍の2130万ポンド(約29億円)だった。送金の取扱高が670億ポンドと86%増え、手数料収入が拡大した。17年3月期に黒字転換してから利益の上積みが続いている。

売上高は70%増の3億260万ポンドだった。地域別では全体の5割強を占める欧州が64%増の1億5740万ポンドと堅調だった。米国、その他の地域もそれぞれ約8割の増収となり成長をけん引した。世界の利用者数は約700万人と前の期より約200万人増えた。

同社は11年にサービスを始めた、欧州の代表的なフィンテックベンチャーだ。多くの送金者と受取人の間に入り、お金の流れを国内間に疑似的に組み替えることで、複数の中継銀行を通す伝統的な国際送金より割安なサービスを提供している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン