/

朝鮮戦争の終戦宣言を 韓国大統領が国連演説

【ソウル=恩地洋介】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日未明、事前収録のビデオによる国連総会の一般討論演説で、休戦状態にある朝鮮戦争の終戦宣言を実現したい考えを示した。「終戦宣言こそ朝鮮半島の非核化と恒久的平和体制の道を開く」と述べ、国連と国際社会に協力を呼びかけた。

朝鮮戦争は1953年に休戦協定が結ばれ、現在に至っている。終戦宣言構想は、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が2018年6月にシンガポールで会談した後、仲介役を自任した文大統領が唱えた。米朝の敵対関係を終息させる狙いだったが、非核化交渉が停滞し立ち消えとなった。

文大統領は演説で「今年で朝鮮戦争が勃発して70年となる。朝鮮半島に残る悲劇的な状況を終わらせる時だ」と訴えた。ただ、米朝双方に交渉の再開を促す具体的な提案はなかった。

南北融和への熱意は示した。断絶している北朝鮮との関係を巡り「防疫と保健協力が対話と協力の端緒となる」と訴え、北朝鮮と中国、日本、モンゴル、韓国が参加する「北東アジア防疫・保健協力体」の創設を唱えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン