「11月衆院選の可能性も」 枝野氏、早期解散を警戒

2020/9/22 22:45
保存
共有
印刷
その他

立憲民主党の枝野幸男代表は22日、菅義偉首相が年内に衆院解散・総選挙に踏み切る可能性があるとの認識を表明した。訪問先の佐賀市で記者団に「一番早い場合に備える立場なので、11月、12月にある可能性が高いという前提で準備をしている」と述べた。

当初は菅内閣発足直後の解散を警戒していたが「10月25日投票の可能性はかなり低くなった」との見方を示した。

衆院選小選挙区での国民民主党との候補者調整に関し、衆院で統一会派を組んでいることに触れ「あえて対抗馬を立てることは、原則としてないのが普通だ」と語った。

これに先立ち連合佐賀の幹部と意見交換し、衆院選に向けた協力を要請した。

佐賀市での街頭演説では農業支援の強化を訴えた。「農業には食料を守り、水と空気を守る大きな役割がある。金もうけにならないからと、切り捨てていいとは全く思わない」と述べ、民主党政権が実施した戸別所得補償制度の復活を主張。佐賀県小城市を訪れ、山間部の棚田を視察した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]