東レ、燃料電池車向け炭素繊維を5割増産

2020/9/22 23:00 (2020/9/23 5:28更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東レは燃料電池車(FCV)向けに炭素繊維を増産する。2020年度中に日米の工場でFCV向けの合計生産量を19年度比で5割増やす。新型コロナウイルスで主力の航空需要が低迷するなか、供給先の転換を進める。炭素繊維の世界シェアは日本勢が過半を握る。今後は成長が見込めるFCV分野に力を入れる動きが広がりそうだ。

増産するのはFCVに搭載する水素タンク向けの炭素繊維。愛媛県や米国の工場で航空機向けの生産ラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]