エーザイ、認知症薬22年度に申請へ 脳神経の減少抑制

2020/9/22 23:00 (2020/9/23 5:27更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

エーザイは米製薬企業のバイオジェンと共同開発しているアルツハイマー型認知症の新薬について、2022年度中に承認申請を目指す。従来の薬は一時的に症状は改善できても認知機能が再び低下していた。新薬は早期に投与することで進行を長期間抑えられる可能性がある。

エーザイの内藤晴夫最高経営責任者(CEO)が日本経済新聞の取材で明らかにした。

開発中の新薬「BAN2401」は日米欧中で最終段階の臨床試験(治験…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]