/

この記事は会員限定です

総裁選の貢献度、菅氏人事に反映 支持地域から党四役や閣僚

政務官は2票以上100%

(更新) [有料会員限定]

菅義偉首相(自民党総裁)の内閣・党人事は総裁選で菅氏が地方票で優位だった都道府県からの起用が目立つ。党四役のうち3人、閣僚の4割が各3票の地方票をすべて取った都道県の選出議員だった。総裁選の集票力は各議員の地元での影響力を示す物差しでもあり、菅氏が人事で重視した要素といえる。

14日の自民党総裁選で47の都道府県連は各3票の地方票を投じた。投票先は秋田県連を除き、予備選挙などを踏まえて決めた。投票...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン