11/29 11:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ベトナム火力巡り三菱商事などに撤退要求 投資家連合[有料会員限定]
  2. 2位: 中国IT「BATH」、中国国内でハイテク供給網整備へ[有料会員限定]
  3. 3位: 有機ELテレビ2割安 今夏比、在宅生活で普及に弾み[有料会員限定]
  4. 4位: 配当株狙う逆張り戦略 急騰相場、あえて乗らず[有料会員限定]
  5. 5位: 脱石油へ噴き出すアラブマネー 目指すはイスラエル[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,786,647億円
  • 東証2部 68,796億円
  • ジャスダック 101,925億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.31倍 --
株価収益率21.64倍27.38倍
株式益回り4.61%3.65%
配当利回り1.83% 1.63%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,644.71 +107.40
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,630 +50

[PR]

マーケットニュース

フォローする

連休明け、日本株や円どう動く 市場関係者の見方
証券部 井澤ひとみ、長谷川雄大、増田由貴

2020/9/22 21:16 (2020/9/23 5:31更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

21日のダウ工業株30種平均の下げ幅が一時900ドルを超えたほか、外国為替市場での円高進展もあって連休明けの23日の日本株相場の動向が注目される。今後の方向感を含めて市場関係者に聞いた。

■年末に再び2万4000円目指す

 青木大樹氏(UBSウェルス・マネジメント 日本地域最高投資責任者)

日経平均は2万2500円程度までいったん調整し、しばらく戻りが鈍くなるのではないか。月内は元高・ドル安に伴う円高警戒もあり、日本株市場は厳しい展開になるとみている。中国国債の世界国債インデックス組み入れで元が高くなり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム