コロナで中止の訪問税務調査、国税が10月から再開

2020/9/22 17:15
保存
共有
印刷
その他

訪問税務調査は屋内で長時間実施することが多く、高齢の納税者が断る可能性もあり、税務署や国税局は引き続き難しい対応を迫られそうだ

訪問税務調査は屋内で長時間実施することが多く、高齢の納税者が断る可能性もあり、税務署や国税局は引き続き難しい対応を迫られそうだ

全国の税務署や国税局が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4月から中止していた新規の訪問税務調査を再開させることが、関係者への取材で分かった。国税側は連休明けの23日から納税者に電話で調査を受けてもらえるかどうか確認し、10月から再開する見通し。

中止が続くと税逃れの放置につながることに加え、来年2月に始まる所得税の確定申告受け付けに備え、10月中の再開が欠かせないと判断したとみられる。一方、調査は屋内で長時間実施することが多く、高齢の納税者が断る可能性もあり、引き続き難しい対応を迫られそうだ。

日本税理士会連合会などの関係者によると、国税庁は12ある国税局・事務所のトップを集めた会議で再開を通知し、18日に日税連に連絡した。

国税庁は訪問調査時の感染防止策について「職員の人数や滞在する時間を可能な限り最小限にする」などとしている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]