/

この記事は会員限定です

テンセント、日本のゲーム会社に秋波 出資で開発支援

日本勢に米中摩擦リスクも

[有料会員限定]

23日開幕の東京ゲームショウに中国のネット大手、騰訊控股(テンセント)系のゲーム会社が参加する。背景には日本勢との協業がある。テンセントは日本の知的財産(IP)に注目し、日本のゲーム会社は世界最大規模となる中国のゲーム市場に打って出る。一方で米中摩擦でテンセントなどへの逆風が強まれば、日本勢も対応を迫られる可能性がある。

「海外向けゲームの開発資金を調達する」。牧場運営ゲーム「牧場物語」を手がける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1525文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン