/

この記事は会員限定です

「どのコンビニも同じ」今や弱み 独自の店舗作り模索

岐路に立つコンビニ(3)

(更新) [有料会員限定]

東京・新宿の住宅街にある「ローソン新宿若松町店」。7月中旬、ローソン経営戦略本部の木下剛はレトルトカレーや菓子を棚に並べていた。ただ、ローソンの商品ではない。良品計画が展開する「無印良品」で、今や売り場の15%を占めている。

ローソンは6月、良品計画と提携し一部店舗で無印の商品の取り扱いを始めた。プライベートブランド(PB)の共同開発に向け売れ筋を探るためだ。木下はこう強調する。「ローソンに行かないと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り770文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン