毒殺未遂疑惑 迷宮入りも 「容疑者」「動機」に深まる闇

2020/9/21 21:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モスクワ=石川陽平】ロシアの代表的な反体制派ナワリヌイ氏の毒殺未遂疑惑を巡る「闇」は深まるばかりだ。動機や容疑者についてロシアでは諸説入り乱れ、過去の反体制派への襲撃疑惑と同じく迷宮入りする可能性も否定できない。

「プーチン氏個人だけがナワリヌイ氏への毒物使用を承認できたはずであることは明白だ」。同氏の側近はロイター通信にこう語った。政権側が13日の地方選を前に同氏を排除し、反政権運動で指導者…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]