/

この記事は会員限定です

起業準備の留学生 2年在留可能に 政府が新制度

[有料会員限定]

政府は日本の大学を卒業して起業を目指す外国人に準備期間として最長2年間の在留を認める制度を設ける。出入国在留管理庁が近く申請の受け付けを始める。現行制度では卒業後すぐに起業しない場合、就職か帰国が原則となる。

日本で外国人が起業する場合は「経営・管理」の在留資格を取る必要がある。事務所開設や2人以上の従業員雇用、資本金500万円以上などの要件がある。

在留資格が「留学」のままでは起業準備の活動が認...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り761文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン