/

この記事は会員限定です

大学教育は激変する 森迫清貴・京都工芸繊維大学長

コロナが変えるキャンパス 大学トップに聞く

[有料会員限定]

京都工芸繊維大の森迫清貴学長はオンライン授業の限界を指摘しつつも、大学教育のパラダイムシフトが起こると予測する。

――年明けから新型コロナウイルス対策に追われました。

「かなりの衝撃だった。1月から学内で対応策の議論を始めた。当初は海外にいる学生や教員の早期帰国に力を注いだ。教員には海外出張、学生には卒業旅行の自粛を求めた。入試は無事に終えたが、卒業式も入学式も中止。3月下旬には春学期の授業の全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン