三井不動産や東京建物、東京駅前でコロナ対応ビル競う

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2020/9/22 2:00 (2020/9/22 5:09更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ウィズコロナ時代のオフィスはどうあるべきか――。三井不動産や東京建物などが東京駅周辺でこの命題に挑んでいる。八重洲に建設するビルには感染防止や柔軟な働き方への対応がふんだんに盛り込まれる。一方、丸の内や有楽町では街のDX(デジタルトランスフォーメーション)化が進行する。コロナとDXがカギを握る新時代の再開発を追った。

「新たなビルには接触しなくても機能する設備を入れていく」。三井不動産の菰田正信…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]