[社説]政治主導の実をあげ弊害の最小化を

菅内閣発足
2020/9/22 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

歴代最長となった安倍前政権の7年8カ月に、行政の公正さを疑わせる様々な疑惑が浮上した。公文書の改ざんや隠蔽という不祥事も見つかり、国民の信頼が傷ついた。菅政権は「政と官」の関係で明らかになった問題を直視し、教訓を生かさねばならない。

野党は森友学園への国有地の売却、加計学園による獣医学部の新設は公平性を欠き、南スーダンでの自衛隊の活動は憲法との兼ね合いで不適切だと指摘した。首相主催の「桜を見る会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]