三井E&SHD、トップの決断 白旗を揚げない
祖業にメス 赤字脱却へ聖域なき再建

2020/9/21 4:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

造船大手、三井E&Sホールディングス(HD)社長の岡良一(61)にとって特別に重みのある決断だった。

7月末に発表した、傘下の造船子会社と常石造船(広島県福山市)の資本提携協議入り。祖業ながら2020年3月期まで5期連続で赤字が続く造船事業で、18年から商船の設計や部品調達などで協業してきた常石と関係を一気に深める方針を決めた。主力拠点、玉野事業所(岡山県玉野市)での船舶建造から手を引き、設計を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]