/

この記事は会員限定です

三井E&SHD、トップの決断 白旗を揚げない

祖業にメス 赤字脱却へ聖域なき再建

[有料会員限定]

造船大手、三井E&Sホールディングス(HD)社長の岡良一(61)にとって特別に重みのある決断だった。

7月末に発表した、傘下の造船子会社と常石造船(広島県福山市)の資本提携協議入り。祖業ながら2020年3月期まで5期連続で赤字が続く造船事業で、18年から商船の設計や部品調達などで協業してきた常石と関係を一気に深める方針を決めた。主力拠点、玉野事業所(岡山県玉野市)での船舶建造から手を引き、設計を中心とした事業構造に転換する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1633文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン