/

首相、有識者と相次ぎ面会 看板政策巡り意見交換

菅義偉首相は20日、東京都内のホテルで、政府のIT総合戦略本部員の村井純慶応大教授や、ジャーナリストの田原総一朗氏ら有識者と相次ぎ面会した。16日の首相就任後初めて迎えた日曜日を返上し、看板政策に掲げるデジタル庁創設などについて意見を交わした。

菅氏は正午ごろ、赤坂の衆院議員宿舎から官邸に移動し、敷地内を約50分間散歩した。その後、ホテルで村井氏と昼食を共にした。引き続き田原氏や元財務官僚の高橋洋一嘉悦大教授と個別に会い、新型コロナウイルス対策や日本外交、経済再生などの見解を聴取したという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン