/

この記事は会員限定です

欧州極右、伸び悩み コロナ対策で政権批判不発

[有料会員限定]

【ベルリン=石川潤、パリ=白石透冴】欧州の極右政党の勢力が伸び悩んでいる。新型コロナウイルス対策で政権を批判するが、説得力のある対案が出せない。20日に投票が始まったイタリア地方選も不調だと、戦略の見直しを迫られそうだ。

独極右政党、ドイツのための選択肢(AfD)の幹部は13日夜、同国で最も人口の多い西部ノルトラインウェストファーレン州での地方選での敗北を認めた。得票率はわずか5%にとどまり、目標...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り786文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン