プロ野球

楽天・岸 復活の真っすぐ勝負 2カ月ぶり白星

2020/9/20 18:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高めの143キロに好打者・中村晃のバットが空を切る。1-1で迎えた六回1死三塁、1ボール2ストライクから楽天・岸が選んだ勝負球は直球だった。

【関連記事】
・20日のプロ野球 結果と戦評

続く4番柳田を申告敬遠で歩かせ、松田宣をカーブで遊ゴロ。ピンチを脱した直後の七回、決勝点となるロメロの勝ち越しソロが飛び出した。

最大のポイントとなった中村晃との勝負を岸はこう振り返る。「(三塁走者)周東君の足なら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

5回無失点で6勝目を挙げたロッテ・岩下=共同

 連敗を6で止めたロッテの快勝のポイントは一回にあった。連打で得た2死一、二塁の好機に菅野が先制打。前日まで幾度となくあった逸機の再現を免れたことで「ベンチの雰囲気が初回からかなり良かった」と井口監督 …続き (25日 19:51)

 中日は25日、東京都内でスカウト会議を行い、26日のドラフト会議で中京大中京高(愛知)の高橋宏斗投手を1位指名することを確認し、与田剛監督が報道陣に公表した。最速154キロを誇る右の本格派で、同監督 …続き (25日 18:58)

 巨人の原辰徳監督は25日、東京ドームで行われた阪神戦の試合後に、26日のドラフト会議で近大の佐藤輝明内野手を1位指名することを明言した。「非常にスケールの大きい、三拍子そろった選手」と高く評価した。 …続き (25日 18:54)

ハイライト・スポーツ

[PR]