26日から都構想説明会 大阪市、オンライン併用で実施

大阪都構想
2020/9/20 18:27
保存
共有
印刷
その他

大阪市を廃止して特別区を設置する「大阪都構想」について、大阪市の住民説明会が26日から始まる。新型コロナウイルス対策のため、計8回の説明会は事前予約制とし定員も抑制。市は「オンライン説明会」を別途開くなどして、制度の周知に努める。市職員は19日からの4連休中も出勤し、参加申し込みの受け付け作業などに追われた。

住民説明会は9月26日、27日、10月3日、4日の計4日間あり、各日2回ずつで計8回実施する。定員を会場の席数の半分程度に絞り、各回で300~500人とする。定員を絞る一方、動画投稿サイト「ユーチューブ」によるライブ配信を実施し、各区役所には視聴会場を設ける。録画映像もユーチューブで閲覧できるようにする。

説明会には松井一郎市長や吉村洋文大阪府知事が出席し、都構想の狙いや必要性を説明するという。質疑応答も行われる。

2015年の前回の住民投票では説明会を計39回実施し、延べ3万人超が参加した。先着順としたために開場待ちの行列ができたり、立ち見や入りきれない市民が出たりしたことを教訓に、今回は事前予約制とした。

9月26日、27日の説明会の参加申し込みは18日に締め切られた。市は開催の2~3日前までに参加票を郵送する。定員を上回る申し込みがあった場合は抽選になる。

このほか9月30日、10月7日、10日には「オンライン説明会」も開く。オンライン会議システム「Zoom」で実施し、参加するには事前申し込みが必要。定員は各回で300人程度で、質疑応答も行われる。ユーチューブでも視聴は可能だ。

また、市はケーブルテレビでも都構想を説明する番組を放送。9月21日に放送を開始し、住民投票の告示前日、10月11日まで流す予定という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]