タイの学生ら、王室改革へ公開書簡 10月もデモ計画

2020/9/20 18:23
保存
共有
印刷
その他

バンコクの王宮前広場に集まった反政府デモの参加者(19日、バンコク)=ロイター

バンコクの王宮前広場に集まった反政府デモの参加者(19日、バンコク)=ロイター

【バンコク=村松洋兵】タイの首都バンコクで20日、王室改革やプラユット内閣の退陣を求める数千人の学生らが王宮へ行進し、警備していた警察にワチラロンコン国王あての公開書簡を手渡した。前日、市内のタマサート大や、近くの王宮前広場に集まって政権の言論弾圧などを批判した数万人の学生らの一部。10月14日に再びデモを計画している。

学生らの集会には政権と対立するタクシン元首相派の支持者も加わった。タイのメディアは集会の参加者を5万人前後と推測。2014年に当時のプラユット陸軍司令官(現首相)が主導したクーデター後では最大規模の反政府集会となった。

学生らは集会で(1)プラユット首相らの辞職(2)軍政下で定めた憲法の改正(3)王室改革――を主張した。書簡はプラユット政権を独裁と批判し、国軍と密接な関わりを持つ王室の改革を求めた。リーダーの一人のパリット氏は「王室は政治問題の根源だ」と主張した。

学生らは国王が筆頭株主のタイ金融大手サイアム商業銀行からの預金引き出しを市民に求めた。

タイには不敬罪があり、王室のあり方を議論するのはタブーとされる。

学生らは1973年に民主化運動への武力弾圧で多数の死傷者が出た10月14日、反政府デモを計画し、労働者にストライキを呼びかける構えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]