/

ドライブスルーで3密回避 コロナ受け山形の芋煮会

山形市内の須川河川敷で20日、新型コロナウイルスの影響で中止となった毎年恒例の「日本一の芋煮会フェスティバル」に代わる「ドライブスルーで芋に恋して」が開催された。完全予約制のドライブスルー方式で「3密」を回避。4人前1セット(2千円)で配られた秋の味覚は、予定の千セットが5時間で売り切れた。

1時間当たりの来場を150台程度に限定し、来場時間も事前指定。名物の大鍋(直径6.5メートル)は使わず、それより小ぶりな鍋3組で調理した芋煮が次々と手渡された。

例年は県内外から数万人が訪れる一大イベントだが、今回は来場者を東北6県と新潟県に限った。山形県川西町の農家、須藤清一さん(70)は「今年はどうなるか心配だったが、これはこれでありかな」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン