スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

寺西、地元で完全V 「鳴尾の女神がほほ笑んだ」

2020/9/20 17:30
保存
共有
印刷
その他

3日目はダブルボギーを打った9番パー4。寺西のティーショットは左の木に当たり、半ばロストボールを覚悟したが、運良く発見。グリーンエッジから10メートルほどをパターで決めてパーで収まった瞬間、「昨日は牙をむいた鳴尾の女神がきょうはほほ笑んでくれた」と実感した。

日本シニアOPを初優勝した寺西=JGA提供

日本シニアOPを初優勝した寺西=JGA提供

【関連記事】
寺西が大会初優勝 日本シニアゴルフ 谷口は15位

地元兵庫の鳴尾で日本シニアオープンが開催されると聞き、さっそくキャディーを決めて備えたという。アマチュア時代、試合で何回も回った難関コースは「頭の中で何万回、回ったことか」。人一倍熱い思いをぶつけた初日に今大会4日間を通じて全選手唯一となるノーボギーのラウンドを達成。5アンダーの貯金を得てスタートダッシュを決めると、あとは誰にも影を踏ませなかった。

若い頃はビリヤードの名手。ひりひりする緊張感を味わう次なる舞台としてゴルフを選び、49歳でプロになった。2人1組で回る決勝ラウンドはともに最終組で藤田、川岸というレギュラーツアー経験豊かな選手と一緒になったが、臆することはなかった。「彼らをスターと思ってしまう自分なら、最初からプロになっていない」。地元開催の地の利を生かす綿密な戦略の立案、そして実行。30代で起業した経営者としてもその才覚は生かされている。(串田孝義)

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

最終ラウンド、11番でティーショットを放つ松山英樹。通算13アンダー(25日、シャーウッドCC)=共同

 【サウザンドオークス(米カリフォルニア州)=共同】米男子ゴルフのZOZOチャンピオンシップは25日、ロサンゼルス郊外のシャーウッドCC(パー72)で最終ラウンドが行われ、松山英樹は6バーディーで66 …続き (10:24)

 米女子ゴルフのLPGAドライブオン選手権は25日、ジョージア州グリーンズボロのグレートウォーターズコース(パー72)で最終ラウンドが行われ、首位から出たアリー・マクドナルド(米国)が69で通算16ア …続き (9:46)

 米女子ゴルフのLPGAドライブオン選手権は24日、ジョージア州グリーンズボロのグレートウォーターズコース(パー72)で第3ラウンドが行われ、69で回ったアリー・マクドナルド(米国)が通算13アンダー …続き (25日 11:24)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]