65歳以上、人口の28.7%に 4人に1人が就業
総務省推計、働く高齢者16年連続増

2020/9/20 17:00
保存
共有
印刷
その他

総務省が敬老の日を前にまとめた15日時点の人口推計によると65歳以上の高齢者人口は前年比30万人増の3617万人だった。総人口に占める割合は0.3ポイント上昇の28.7%でともに過去最多を更新した。2019年の65歳以上の就業者数は18年より30万人増の892万人で過去最高だった。

「団塊の世代」と呼ばれる1947~49年生まれを含む70歳以上の人口は78万人増の2791万人となった。後期高齢者医療制度の対象となる75歳以上人口は24万人増の1871万人に上った。

日本の総人口は前年に比べて29万人減の1億2586万人となる一方、高齢者人口は増え続けている。

国立社会保障・人口問題研究所の推計で、高齢者の割合は今後も上昇が続く。第2次ベビーブーム世代(1971~74年生まれ)が65歳以上になる2040年には35.3%になる見込みだ。

一方で19年の65歳以上の就業者数は16年連続の増加となった。15歳以上の就業者総数に占める割合も18年に比べて0.4ポイント増の13.3%と過去最高だった。

65歳以上の高齢者の就業率は24.9%だ。13年に20.1%と2割を超え、6年でさらに4.8ポイント上昇した。男女別で見ると、男性は34.1%、女性は17.8%となった。いずれも8年連続で増えた。

足元は新型コロナウイルスの感染拡大による影響が出ていた。20年の統計をみると政府が緊急事態宣言を発令した4月の65歳以上の就業者数は前年同月比で7万人減った。5月以降は回復して増加に転じ7月は同29万人増の910万人だった。

19年の統計を業種別に見ると、卸売業・小売業が126万人で最多だった。農業・林業が108万人、サービス業103万人、製造業が94万人で続いた。

役員や自営業者を除く雇用者は503万人で、全体の56.9%を占める。このうち非正規の職員・従業員は389万人と77.3%で、4人に3人は非正規だった。

非正規の職員・従業員の高齢雇用者について理由を聞くと、男女ともに「自分の都合のよい時間に働きたいから」と答えた人が最も多かった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]