/

この記事は会員限定です

五輪見据え入国緩和へ一歩 国内リーグの海外選手容認

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で外国人への厳しい入国制限が続くなか、政府は国内リーグやツアーに参戦するスポーツ選手の入国を特例で認めた。来夏の東京五輪を見据え、一部の往来を緩和した。日本は欧米に比べ国際大会の開催が遅れている。選手をさらに受け入れつつ感染を防ぎ、五輪のテストとして実績を積めるかが課題となる。

特例の対象は東京五輪の実施競技の国内リーグなどに所属する外国選手やコーチら。政府が10日にJ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン