田中さんが国内最高齢更新 117歳261日

2020/9/19 17:50
保存
共有
印刷
その他

世界最高齢に認定されている福岡市の田中カ子さんが19日、117歳261日となり、現在確認できる国内での歴代最高齢の記録を更新した。厚生労働省によると、これまでの歴代最高齢者は2018年4月に亡くなった鹿児島県喜界町の田島ナビさんだった。

国内での歴代最高齢の記録を更新し、福岡県知事からホーム職員を通じて祝い状を受け取りポーズをとる田中カ子さん(19日午前、福岡市)=福岡県提供・共同

田中さんは1903(明治36)年、福岡県旧和白村(福岡市)で9人きょうだいの7人目として誕生。現在は福岡市内の老人ホームで生活し、昨年3月、ギネスワールドレコーズから男女を通じ「存命中の世界最高齢」に認定された。

ホームによると、田中さんは19日朝、いつも通り元気な様子でおかゆを食べた。午前10時ごろには、福岡県の小川洋知事から、祝い状や記念品のブランケットが、ホーム職員を通じて贈られた。

ホームでは、オセロ風ゲーム(リバーシ)を楽しむなどして過ごしている。「おいしいものを食べ、計算などの勉強をすることが長寿の秘訣」という。今の目標は120歳だ。

最高齢記録に並んだ18日は、孫の英治さん(60)から贈られた自身の顔写真や「日本歴代1位」の文字などがプリントされたTシャツを着て、好物のコーラを飲んだり、手を上げて万歳をしたりして喜んだ。

英治さんは取材に対して「新型コロナウイルス禍の中でも祖母は元気で、毎日楽しそう。親族一同、新記録は誇らしいと喜んでいる」と話した。

高島宗一郎市長は「最長寿に心からお祝いを申し上げる。明治、大正、昭和、平成、令和と5つの時代を経験したカ子さんに敬意を表する」とコメントした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]