/

デジタル化で経済成長を 自民岸田氏「皆で協力」

自民党の岸田文雄前政調会長は19日、千葉市で講演し、菅義偉首相が新政権の主要政策の一つと位置付けている行政のデジタル化推進に関して、新たな経済成長に道筋をつける必要があると指摘した。菅首相に敗れた総裁選を踏まえ「結果が出たら一致結束だ。国民の期待も高い。皆で協力し、新しい政権をもり立てていく」と強調した。

岸田氏は「デジタル化は手段であって目的ではない。スムーズな行政手続きも大事だが、自動運転や遠隔診療など、成長のエンジンづくりが大きな目標だ」と語った。

デジタル化を巡っては、菅首相がデジタル庁創設を掲げ、情報技術に詳しい岸田派の平井卓也氏をデジタル改革相に登用した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン