/

安倍前首相が靖国神社参拝 13年12月以来

(更新)

安倍晋三前首相は19日午前、自身のツイッターで東京・九段北の靖国神社を同日参拝したと明らかにした。「16日に内閣総理大臣を退任したことをご英霊にご報告した」と投稿した。関係者によると「前内閣総理大臣 安倍晋三」と記帳した。

安倍氏は第2次安倍政権発足から1年の2013年12月26日に靖国参拝した。当時は約7年ぶりの現職首相の靖国参拝に中国や韓国が強く反発し、米国は「失望」を表明した。

安倍氏はその後、首相在任中は参拝せず、春と秋の例大祭に真榊(まさかき)とよばれる供物を、終戦の日に玉串料を私費でそれぞれ奉納した。

韓国外務省は19日に「深い憂慮と遺憾」を表明するとの報道官論評を発表した。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は安倍氏の参拝を速報で伝えた。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は首相退任直後の安倍氏の靖国参拝を速報で伝えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン