安倍前首相が靖国神社参拝 13年12月以来

中国・台湾
2020/9/19 10:45 (2020/9/19 16:53更新)
保存
共有
印刷
その他

 東京・九段北の靖国神社を参拝したことを明らかにした安倍前首相のツイッター画面

東京・九段北の靖国神社を参拝したことを明らかにした安倍前首相のツイッター画面

安倍晋三前首相は19日午前、自身のツイッターで東京・九段北の靖国神社を同日参拝したと明らかにした。「16日に内閣総理大臣を退任したことをご英霊にご報告した」と投稿した。関係者によると「前内閣総理大臣 安倍晋三」と記帳した。

安倍氏は第2次安倍政権発足から1年の2013年12月26日に靖国参拝した。当時は約7年ぶりの現職首相の靖国参拝に中国や韓国が強く反発し、米国は「失望」を表明した。

安倍氏はその後、首相在任中は参拝せず、春と秋の例大祭に真榊(まさかき)とよばれる供物を、終戦の日に玉串料を私費でそれぞれ奉納した。

韓国外務省は19日に「深い憂慮と遺憾」を表明するとの報道官論評を発表した。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は安倍氏の参拝を速報で伝えた。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は首相退任直後の安倍氏の靖国参拝を速報で伝えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]