/

スタジアムで玉入れ、アバターで文化祭 秋の学校行事

新型コロナウイルスの影響で、文化祭や体育祭などの実施を見送る学校が後を絶たない。その中でもオンラインや代替会場を活用して、生徒の思い出作りと感染拡大の防止を両立しようとする学校がある。長期の休校を経て、ようやく再開した学校生活。普段の授業での苦労が続くが、秋の恒例行事を目一杯楽しむ生徒たちの姿を紹介する。

スタジアム貸し切りで体育祭

玉入れに参加する生徒ら(18日、京都府亀岡市)

京都府亀岡市立東輝中学校は18日、同市内の「サンガスタジアム by KYOCERA」で体育祭と文化行事の一部を兼ねた学校行事「東輝祭」を行った。川口雅彦教頭によると、修学旅行や社会科見学、遠足など行事らしい行事は軒並み中止になったが、「密さえ避けられれば、東輝祭は出来るのではないか」とサンガスタジアムを貸し切って開催した。使用料は、府のスタジアム条例の施行規則に基づき半額の30万円。亀岡市のサポートで実現に至った。

生徒は間隔を空けた場所に立ち、持ち玉5つを投げた

スタジアムの収容人数は約2万人。全校生徒数約700名の同校にとっては、保護者らが出席しても十分な大きさだ。応援の間はマスクを着用し、座席も1席ずつ空けて着席する。大会などが中止され発表の場を失った吹奏楽部も間隔を空けて、広いスタジアムに音楽を響かせた。

3年の森下大毅さん(15)は「普段は入れないスタジアムで、全校生徒が集まって東輝祭を行えてよかった。今まで以上に一体感が生まれて、とてもいい思い出になった」と笑顔で話した。

オンラインで文化祭

VR上の校内イベントにアバターで参加できる

「新しい文化祭の形を――」。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、文化祭の通常開催を断念した筑波大付属高校(東京・文京)。しかし実行委員の生徒を中心に協議を重ね、10月18日にオンラインで開催されることになった。

準備期間は2カ月弱。4月からオンライン授業や分散登校をしていたため、全校生徒が学校に集まるようになった8月末から文化祭の準備は本格化した。感染拡大防止のため、準備時間も毎朝、授業が始まる前の1時間のみに限られる。

テニスコートで動画の撮影をするダンス部(15日、東京都文京区)

オンライン文化祭では、仮想現実(VR)空間に実際の校舎が再現される。自分の分身「アバター」を使って校内を回り、クイズ大会やライブなど各クラスの出し物に参加でき、リアルな文化祭に近い体験が可能になる予定だ。文化祭の実行委員長で3年の岩田楽さん(18)さんは「これまでの文化祭では校舎をどう使うかだった。今年は校舎をどう作るかという、ゼロベースでのスタート。難しくもあり、楽しいところ」と意気込みを話す。

テニスコートではダンス部が動画の撮影をしていた。オリジナルの衣装を身にまとい、元気に踊る。例年だと観客を入れてダンスを披露しているが、今年はウェブ上に動画を載せる形式に。副将の八木杏理さん(16)は「曲によってメークを変えたり、踊る場所を変えたりできる。新しい自分たちの表現を見てほしい」と話した。

仮想現実(VR)空間上に校舎を作る(11日、東京都文京区)

(写真映像部 石井理恵、目良 友樹)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン