ホンダ、20年越しの「開国」 北米で基幹部品を共通化
ホンダ・GM 戦略提携の深層(上)

2020/9/18 22:57 (2020/9/19 5:17更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)が戦略提携する。主力の北米市場でガソリンエンジンなど基幹部品の共通化に踏み込む。独立志向の強さから「鎖国主義」と呼ばれたホンダにとっては、創業以来の大転換だ。低迷する稼ぐ力や次世代技術に対する危機感がライバルである両社の背中を押した。20年越しでの実現と言える戦略提携の舞台裏を探った。

「GM以外の代案があるなら言ってみろ」。今春、ホンダ本社10階では経営陣…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]